ド変態オヤジの,実話官能小説

ブサイク,エッチ度マックス,ド変態オヤジの実話官能小説

ド変態オヤジが27歳介護士と・・実話官能小説第4話

f:id:melancholy14:20170610210604j:plain

僕のカカオID→(yh900)


鳥肌が立つ,ド変態オヤジの,実話官能小説第4話

注意*18歳未満の方は、退場してくださいね

尚、かなりのド変態なので、読み続けると気分が悪くなる場合有りますので注意して下さい

僕は、優奈さんの言う通りサクラゼロの優良出会い系サイトを6件登録した。
何故なら、複数登録すると、出会える確率が倍倍になると、優奈さんの指示です。

まず、した事は、6件のサイトに
プロフィール作成、もちろん、嘘偽り無くです。写真も、カッコつけず自然体で撮って載せました。
埋められる所は全て埋めました。
優奈さんのマニュアル通り実行したら、驚いた事に、
【一件返事が有りました。】

相手の女性は、27歳、独身、介護の仕事、普通体形。
プロフィールには、これだけの情報です。顔写真も載せてませんでした。

僕は、優奈さんが、教えてくれた、メッセージの書き方、ノートを見ながらメールを作成、返信しました。

翌日、又、返事がありました。
3回のメールやり取りで、待ち合わせの約束をしました。
【お金は、ほとんど使ってません。】
私が手にした、10万円はしてもいい、マニュアルノートの効果を実感しました。

7月の暑い日曜日。
今日が待ち合わせの約束の日だ。
朝から、落ち着かない。

もしかして、来ないかも。

メインの駅前の、ある喫茶店の前で待ち合わせだ。

僕は、早く着きすぎてしまい、ソワソワしてました。トイレも、やけに近い。
相手の女性は、モスグリーンのシャツにジーンズと、水色のバッグを持っている。

約束の五分前、向こうから、それらしき女性が歩いてくる。メガネをしている。
シャツは、ノースリーブだ!

僕の前に立ち止まり、「◯◯さんですか?」「はい」「◯◯です」

始めて出会いに成功した瞬間でした。感激。

彼女は、M子さんと言います。
メガネは、してますが、フェロモンを大量に放出している感じの女性です。
どちらかと言うと美人タイプです。

とりあえず、喫茶店の中に入り、私は、アイスコーヒーを注文。相手は、アイスティー。

イスに座った。
僕は、性格が、おとなしく、緊張感もあって、無言の時間が続いた。
このままでは、嫌われる。

彼女は、タバコを吸う。
私もタバコを吸う。
髪が長く茶髪だ。
タバコを吸う、しぐさが、セクシーだ!

又、彼女の香水の匂いが、僕のチ◯ポを勃起させる。

1時間ぐらい経っただろうか?
お互い、ほとんど、喋らない。

すると、彼女が「ご飯食べに行かない?」

私の車で、ファミレスに行った。

彼女をよく見ると、ジーンズは、ピチピチ、お尻の形がよくわかる。それと、ノースリーブのシャツ、ブラが少し見える。

ファミレスでは、お互い少し打ち解けて、話しが出来た。

彼女がドライブに行きたいと行った。

車中で、僕は、何故、会う気になったの?と聞いたら、
「私は、外見より性格を重視するの」と言った。
1時間ぐらいドライブしただろうか?
僕は、ドキドキしてる。

僕は、賭けに出た。
黙ったまま、
ラブホテルの駐車場に車を入れた。
彼女も黙ったままだ。

僕は、「降りましょうか」と言ったら、彼女は黙って降りた。

そして、2人黙ったまま部屋に向かった。


第5話に続く

尚、第5話は、気分が悪くなる可能性が高いので、最大限注意して下さい。



僕が優奈さんに、教えられて登録しているサクラゼロの優良出会い系サイト6件です。今まで出会って、S◯X出来た女性の、ほとんどは、PCMAXです。
イククルも3人の女性と出会ってS◯Xしてます。下のサイト名をタップすると各ホームページにジャンプします。⬇️

PCMAX



ワクワクメール



ハッピーメール



イククル



Jメール



華の会メール













デカマラ一本【トーキョーカンキ Dr.Tony店】


リモコンタイプのバイブ❣❣❣
👇 👇 👇


ラブエッグ【トーキョーカンキ Dr.Tony店】