ド変態オヤジの,実話官能小説

ブサイク,エッチ度マックス,ド変態オヤジの実話官能小説

ド変態オヤジの実話官能小説第14話

f:id:melancholy14:20170620202027j:plain

僕のカカオID→(yh900)



ド変態オヤジ実話官能小説14話

注意*18歳未満の方は、退場してくださいね

尚、かなりのド変態なので、読み続けると気分が悪くなる場合有りますので注意して下さい

優奈さんが出てきた。
僕は鼻血が出そうになった。
似合いすぎる。

僕は、優奈さんを抱き寄せ、激しくディープキス。

僕は、優奈さんに、お願いして、
僕が仰向けに寝て、僕の顔の上にオマ◯コを押し付けてほしいと、優奈さんは、快諾してくれた。

僕は、舌で優奈さんのオマ◯コの穴の中を、かき回した。愛液が、どんどん出て来る、全て吸い取った。
数分すると、優奈さんは、いきなり立ち上がり、こう言った、
「裸になりなさい」命令口調だ!
僕は、着ているものを全て脱いだ。

すると、僕のチ◯ポを握り、優奈さんは、「何してほしい?」と言った。
僕は、「優奈さんの唾液が欲しいです」と言ったら、優奈さんは、上から大量の唾液を僕の口の中や、顔全体に垂らしてくれた?

次はと聞かれたので、マ◯コが舐めたいですと言ったら、僕の顔の上に優奈さんの、お尻が来た。
僕は、無我夢中でマンコと、お尻の穴を舐めた。
優奈さんは、「もっと気持ち良くしなさいよ」と言った。
僕は、さらに激しく舐め上げた。
優奈さんの大きな喘ぎ声が聞こえる。
約一時間経った。

優奈さんは、「あの、大きな椅子に座りたい」と言った。

優奈さんは、着ていたコスチュームを脱ぎ捨て、素っ裸になって、大きな椅子に座った。

僕は、手足に手錠を掛けた。
股は大きく広がってるので、マ◯コが、ハッキリ見える。
優奈さんは、恥ずかしいと言った。
僕は、身動きの出来ない優奈さんの、身体全体を味わった。
特にマ◯コだ。

すると、優奈さんは、手錠外してと言った。
僕は、何故と言った。
優奈さんは、トイレに行きたいからと言った。
僕は、「ここで、出すのは、ダメですか?」と言ったら、優奈さんは、「恥ずかしいけど、いいよ」と言った。
防水シートが有ったので、下に敷いた。

しばらくすると、優奈さんの、オシッコが、いきよいよく、出た。
僕は、顔で受け止めた。
口も開けていたので、少し飲んでしまった。
オシッコが出終わると、僕は、優奈さんのオマ◯コを舌で綺麗にして上げた。
優奈さんは、「口ゆすいで、顔洗って来て」と言った。

僕は、石鹸で綺麗にして、戻り、
「挿入いいですか?」と言った。
激しいディープキスしながら、挿入した。
股が広がってるので、奥の奥まで入った。
優奈さんは、大きな喘ぎ声を出した。
すると、優奈さんは、とんでも無い事を言った。

第15話に続く
























僕が優奈さんに、教えられて登録しているサクラゼロの優良出会い系サイト6件です。今まで出会って、S◯X出来た女性の、ほとんどは、PCMAXです。
イククルも3人の女性と出会ってS◯Xしてます。下のサイト名をタップすると各ホームページにジャンプします。⬇️

18禁
PCMAX


18禁
ワクワクメール


18禁
ハッピーメール


18禁
イククル


18禁
Jメール


18禁
華の会メール