ド変態オヤジの,実話官能小説

ブサイク,エッチ度マックス,ド変態オヤジの実話官能小説

ド変態オヤジが20歳のヤンキーと,実話官能小説18話

f:id:melancholy14:20170625195139j:plain

僕のカカオID→yh900
女性限定で、メッセ頂けたら、貴女が必ず濡れる写メ送ります。



ド変態オヤジ実話官能小説18話

注意*18歳未満の方は、退場してくださいね

尚、かなりのド変態なので、読み続けると気分が悪くなる場合有りますので注意して下さい

僕は、「もちろんです」と答えた。

そしたら、スリムな子がパンティを脱ぎ始めた。
すると、「私のマ◯コ見たい?」
と言った。
僕は、「見たいです」と答えた。

スリムな子は、S子(仮名)と、太っている子は、D子(仮名)とします。

S子は、ベッドの上で足を広げた。
若いだけあって、ピンク色だ!

僕は、「舐めてもいいですか?」と言ったら、S子は、「舐めるんだったら、お金払いなさいよ」と言われた。

僕は、「じゃあ舐めません」と答えた。

そしたら、S子は、いきなり、「裸になって」と言った。
僕は、全て脱ぎ捨て裸になった。
チ◯ポは、勃起している。

S子とD子は、「化け物みたいな、オチンチンだね」と話していた。

すると、S子は、「触ってもいい?」と言った。
僕は、「触っても大丈夫です」
と答えた。
2人で僕のチ◯ポを、もて遊んだ

S子は、予想してなかった事を言った。
「私のマンコに入れてみて」
続けて、「入れるだけで、変な事したら、しばくよ」
と言った。

僕は、「濡れてないと入りませんよ」と言ったら、
S子は、「じゃあ舐めて濡らして」と言った。

僕は、内心、こんなはずじゃあ無かったと思った。

僕は、S子のマ◯コを無我夢中で舐めた。

そして、挿入したら半分しか入らない!
S子は、「痛いじゃん」と文句を言った。

僕は、舌と指でクリを優しく舐めたり、振動を与えたら、だいぶ濡れてきた。
S子は、静かに喘ぎ声を出した。

D子は、見ているだけだ。

僕は、さらに濡れるように、舌でクリを優しく舐めた。
すると、S子の喘ぎ声が大きくなった。
愛液が垂れている。

そろそろ大丈夫かなと思い、挿入してみた。
ズボっと入った。
S子の顔が引きつった。
静かにピストンをしたら、「痛い」と言った。
僕は、優しくピストンをした。
少しして、
S子は、激しくしてと言った。
僕は、激しくしたら、S子は、気持ち良いみたいで、「もっと激しくして」と言った。

第19話に続く


























僕が優奈さんに、教えられて登録しているサクラゼロの優良出会い系サイト6件です。今まで出会って、S◯X出来た女性の、ほとんどは、PCMAXです。
イククルも3人の女性と出会ってS◯Xしてます。下のサイト名をタップすると各ホームページにジャンプします。⬇️

18禁
PCMAX


18禁
ワクワクメール


18禁
ハッピーメール


18禁
イククル


18禁
Jメール


18禁
華の会メール