ド変態オヤジの,実話官能小説

ブサイク,エッチ度マックス,ド変態オヤジの実話官能小説

ド変態オヤジが20歳のギャルと,実話官能小説19話

f:id:melancholy14:20170626105523j:plain

僕のカカオID→(yh900)
女性限定でメッセ頂けたら、貴女が必ず濡れる写メ送ります。



ド変態オヤジ実話官能小説19 話

注意*18歳未満の方は、退場してくださいね

尚、かなりのド変態なので、読み続けると気分が悪くなる場合有りますので注意して下さい

しばらくピストンしたら、スムーズになった。

S子は、上の服を脱いだ。
お互い素っ裸だ!

S子は、キスを迫ってきた。
いきなりのディープキスだ!
S子の喘ぎ声は、マックスに。

S子は、「もうダメ〜、もうダメ〜、一回抜いて〜」と言ったので、僕は、チ◯ポを抜いた。

S子は、ほんの10分も経たないのに、何回も、いったみたいだ!

D子の顔を見ると、少し、引きつっている。

S子は、キスを迫ってきた。
舌と舌を激しく絡ませた。

すると、D子が「私もしたい」と言った。
少し沈黙が続いた。

S子は、D子に「もう少し待って」と言った。

S子は、僕に「オッパイ舐めて」と言った。
オッパイが性感帯みたいだ。

僕は、優しく、たまに激しく、乳首を吸ったり、転がしたり、手で揉んだりした。
S子は、気持ち良いのか、仰け反った。
喘ぎ声も、いやらしい。

僕は、全身を愛撫してあげた。
オマ◯コに舌を入れて味わった。
オマ◯コから愛液が吸い取っても、吸い取っても、溢れ出す。

S子は、「も〜ダメ〜ねえ入れて」と言う。

僕は、挿入した。
最初は、正常位でピストンした。
次は、S子が上になった。
S子は、激しく腰を上下に動かす。

すると、D子が「私のマンコ舐めて」と言った。

S子は、黙ったままだ?

僕は、上にS子を乗せたままだ。
D子は、素っ裸になり、僕の顔の上に、お尻を乗せてきた。
D子のオマ◯コは、愛液が溢れ出している。
D子の愛液を吸い取っても、次から次へと、愛液が溢れ出す。

S子とD子の喘ぎ声がダブルで聞こえる。
しばらくしたら、D子は、僕の唇に舌を絡めてきた。

第20話に続く


























僕が優奈さんに、教えられて登録しているサクラゼロの優良出会い系サイト6件です。今まで出会って、S◯X出来た女性の、ほとんどは、PCMAXです。
イククルも3人の女性と出会ってS◯Xしてます。下のサイト名をタップすると各ホームページにジャンプします。⬇️

18禁
PCMAX


18禁
ワクワクメール


18禁
ハッピーメール


18禁
イククル


18禁
Jメール


18禁
華の会メール